We Love Korea !

We Love Korea ! 韓流から歴史問題まで、韓国に関する情報を まとめて発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. ランキングにご協力を

やっぱり捏造だった!ES細胞論文を捏造した韓国の黄教授!朝鮮民族は息を吐くたび嘘をつくことを教授が証明してくれた!!!

【論文ねつ造】発覚した嘘と残された疑惑


 ソウル大学の調査委員会が今月23日、黄禹錫(ファン・ウソク)教授研究グループの2005年度のサイエンス誌論文のねつ造、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)の数の誇張(2個を11個)、卵子の数の縮小報告などが確認されたと明らかにした。今後調査委員会は、黄教授の2004年度の論文、クローン犬のスナッピーの真偽問題も検証する予定だ。一言で、黄教数の研究全般を再検証するという意味だ。

◆ 2005年度の論文、どこまでがねつ造か

 ソウル大学の盧貞恵(ノ・ジョンヘ)研究処長は、「2005年度の論文で報告された11個のES細胞についての各種実験データは、そのすべてが2個の細胞で作製したもの」と述べた。論文の投稿時点である今年の3月15日には、2個(2、3番ライン)のみが存在していたという説明だ。ソウル大学の調査委員会は、この2、3番について既にDNA分析に出しており、来週にもこれが本物の「患者対応型ES細胞」かどうかが判明するものと見られる。

 残りの9個のES細胞のうち、4個は汚染事故で今年の1月9日に死滅しており、2個は帳簿に記録さえ残っていない。残りの3個は、今年3月9日、コロニー状態(細胞の固まり)として観察されたが、論文の提出時点には、テラトーマ(ネズミに注入した際に発生するがん組織)が形成されず、幹細胞としての性質が検証されていない状態だった。

 調査委員会は現在、「患者対応型ES細胞」が存在するかどうかを確認するためにDNA分析を実施している。検査を依頼したES細胞のDNAは、9種類だ。黄教授が解凍し培養しているという5種類、論文の提出直後作製した1種類、今年の論文に使われた2種類(2、3番ライン)、2004年度のサイエンス論文の提出当時、報告された1種類(1番ライン)となっている。

 しかし、黄教授研究グループは今月22日、「幹細胞のすり替え」疑惑を検察に捜査依頼するとともに、「6個の幹細胞がミズメディ病院のものにすりかえられた」と主張し、患者対応型ES細胞である可能性のある幹細胞は2個(2004年度論文に書いた1番ラインは、患者ではない健常な女性のES細胞)に過ぎない。すり替え疑惑の解明は、キム・ソンジョン研究員の帰国にかかっているが、キム研究員の早期帰国が実現するかどうかは不透明となった。

◆卵子の数も誇張

 2005年度の論文で報告された卵子の数も偽りであることが発覚した。黄教授研究グループは、185個と主張したが、ミズメディ病院の盧聖一(ノ・ソンイル)理事長は、およそ1000個にのぼると主張した。全世界の科学界を驚かせたES細胞の作製成功率(2004年0.4%、2005年6%)も、嘘であることが判明したのだ。

 黄教授研究グループが「持っている」と主張する源泉技術は、DNA検査の結果で判明する。したがってDNA検査の結果が公開される次の発表の際には、2005年度の論文のほとんど疑惑について真実が明らかになる見通しだ。

◆ 2004年度の論文とクローン犬スナッピーも調査

 盧研究処長は、「スナッピーの血液3種類と2004年度の論文の幹細胞についてDNA検証を依頼した」と明らかにした。2004年度の論文が疑われているのは、DNA指紋分析のデータが一方に偏っており、手で描いたような跡が見られる点と、幹細胞の写真がミズメディ病院の研究グループが、国内外のジャーナルに発表した論文の受精卵ES細胞の写真と同様という疑惑のためだ。

 スナッピーは、発表論文が一枚ものの要約版で、DNA分析グラフとミトコンドリアDNAデータが存在しないという点から、一つの受精卵をふたつに分けた双子の犬だとする疑惑が強まっている状態だ。これに対して、スナッピーのクローン作製グループは、「クローン動物に関する論文は、一般的に簡単な報告書の形で提出される」と主張した。

朝鮮日報

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/12/24/20051224000002.html


なんていうか、もう本当に
朝鮮民族は嘘つきばかり、という事実をまた裏付けるような
そんな事件ですね。
当ブログでは、この問題に関しては真偽の程がはっきりするまで
アレコレ言うのは止めておこうと思いまして、これまでは一切触れませんでした。

この問題がただの捏造朝鮮人の戯言だけで終わらない理由があります。


24日の読売新聞では、以下のように記事が掲載されています。

「これだけ問題が広がったのは、政府とメディア双方に原因があるとの見方が強い。政府はノーベル賞科学者を輩出しようと黄教授を無批判にスター扱いし、メディアも黄教授を神聖視し、国を挙げて熱狂的に支持する雰囲気が作られた。
 捏造疑惑を最初に報じた韓国テレビ局の関係者によると、同局が(捏造疑惑を)「スクープ」として報道した時には他のマスコミや政府関係者から「取材が強引」「言いがかり」などと批判され、袋叩き状態になった。その後の事態の展開で、メディアの論調は捏造への非難に転換していったが、この間に主要メディアで、黄教授を手放し礼賛したことを反省する論調は、ほとんど見られなかった。」

(以上、原文そのまま。()内は管理人が挿入)

この文章を読むと、本当に朝鮮人のあつかましさや
人間として、メディアとして、政府としてのレベルの低さが
よくわかると思います。

この、「悪いことを悪いと言えなくなってしまう雰囲気」
というのは、本当に危険なことですし、
おそらく韓国では「言論の自由」など存在しないのでしょう。

こういう民族と付き合う必要があるのでしょうか?

必要ないと思います。

取り返しのつかない事態に陥る前に、世界から消滅してもらいましょう。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/25(日) 22:03:21|
  2. 社会・文化・風俗|
  3. コメント:2|
  4. ランキングにご協力を
<<ついに決着!ES細胞など初めから存在しなかった!! | ホーム | 外国人犯罪が増加しているという事実をもっと報道するべきだ!!>>

コメント

記事、拝見致しました。
権威ある科学誌にまで捏造記事を載せ、それは国恥行為であるにもかかわらず、国民が擁護するなどと異常の何ものでもありません。
常軌を逸した見苦しい愚かな様子です。
日本においても捏造事件は在りましたが、これをあからさまに擁護する世論は生じたでしょうか。
捏造は許されませんが、両国の国民性の最たる違いという点においては分かり易い事例と言えると思います。
「捏造」という行為に対して、国民が如何なる対応を示すのか、という視点から今回の韓国世論をみると、過ちという事実があるにもかかわらず、自国民の過ちには寛大です。
これは国民性に由来するもので、民度が稚拙で下等であるからだと言わざるを得ません。
このような自国民の過ちに寛大で民度の低い韓国系は日本にとって害悪です。
日本国内をみると、在日特権(補助等)の恩恵を受け、私腹を肥やし日本の国を蝕む韓国系を私は許しません。
強制連行された云々等、己を被害者と称するならば、戦争が終結したのであるから速やかに帰国すべきです。
異国に留まる理由は何故か。
また、日本政府は何故彼らの在留を容認しているのでしょうか。
私は在日を侮蔑するとともに、日本政府に対しては毅然とした厳しい対応を望みます。
  1. 2005/12/26(月) 12:15:30 |
  2. URL |
  3. まろん #-
  4. [ 編集]

ロッテに日本スポーツ界は汚された!

ひさしぶり!がんばってますなあご苦労様です。早速ばかちょん、日本人の責任にしているようですな。めくらましもね。
年末格闘大会に出んだって?韓国タレント。何図々しい事言ってんの?電通の朝鮮学校出た成田、ロッテが日本を汚した。野球、サッカーに続きフィギアスケートまでな。もうな、追放運動と朝鮮企業の不買広めようぜ。サイト応援するからな。荒らしに負けずに頑張れよ。
  1. 2005/12/28(水) 10:27:13 |
  2. URL |
  3. jiji #wLMIWoss
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トンチャモン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Archives

Category

Links

Search

サイト運営してみませんか? レンタルサーバーならここ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。