We Love Korea !

We Love Korea ! 韓流から歴史問題まで、韓国に関する情報を まとめて発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. ランキングにご協力を

日韓国交正常化の外交文書公開についての意見などをハン板から抜粋。日本人なら必見のコメントばかり!!

さて朝鮮日報の1/17の社説(http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/01/17/20050117000091.html)に
>日本政府はアジア諸国に対する法的責任は解消されたと主張するのではなく、アジアの人々に対する道徳的な責任と、
>その延長線上での政治的決断を検討しなければならないはずだ。

とあったんだが、その道徳的な責任の為の「アジア女性基金」は受け取り拒否されて韓国から撤退したんだよね。
「日本政府による責任回避」だという韓国マスコミや政府、自称元慰安婦の反発で。
まさか今さら「道義的名目で金払え」と言い出すとは思わなんだ。

----------------------------------------------------------

日本・日韓併合条約は合法かつ有効
韓国・日韓併合条約は違法かつ無効

日本・故に戦中の徴用は国内法により合法
韓国・故に戦中の徴用は占領地の住民を連行した違法行為

日本・韓国独立後、日本政府には元日本兵や軍属に恩給を払う責任はあると考えている
韓国・日本が支払うべきは恩給では無く、慰謝料であるべきだ

これらの違いを玉虫色の決着に持ち込んだのが基本条約と付属協定。

日本側の理論からいくと、軍人・軍属・準軍属以外は補償の対象外なんだけど
韓国側の理論だと「日帝の被害」を受けた全ての人々が補償の対象。

そして議事録の公開で、補償を行うべき責任者が韓国政府ということが明かになった今、
韓国政府は「日帝の被害」を受けた全ての人々の補償を行わなけでばならない訳で。

韓国政府の未来は(ry


----------------------------------------------------------

もともと、1949年に韓国が出してきた日本に対する賠償要求は、21億ドルプラス各種
現物返還でした。これは日本本土にある韓国人の資産を返還せよ、ということですね。
一方、日本人が朝鮮半島に置いてきた資産は、47年の在外財産調査会の調査に
よれば、軍事・個人を除く法人資産のみで47億ドル、総司令部民間財産管理局の
調査では、個人・法人資産を合わせて(軍事用を除く)53億ドルです。この二つの
データは概ね整合性がありますので、信頼性は高いものと思われます。
インドが英国から独立した際、英国人がインドに持っていった資産は、英国人に
返還されました。この前例を適用すると、日本が朝鮮に残した資産は賠償要求額を
はるかに上回っているのですから、これを相互放棄することですべてチャラ、というか
日本の大幅な持ち出しでケリが付く筈です。実際、50年頃の日韓交渉が始まった
当時、日本側はそう考えていました。

----------------------------------------------------------

まず、韓国は日本と交戦はしていませんし、戦勝国でもないというのは、どうしようも
ない事実です。少なくとも「賠償」という問題に関してはそれ以外の解釈は存在
し得ません。これについても、韓国ではマジに「ウチは戦勝国だから日本は賠償する
ニダ!」と思ってる人が大量にいますが、そういう人には「サンフランシスコ講和条約を
読め」と言えば99%は黙りますし、残りの1%は本物の狂人です。
ですから、サンフランシスコ講和条約第四条-aで規定されている、韓国の日本への
請求権は、第十四条-aの「連合国に賠償を支払うべきことが承認される」とは全く
別個のものです。

----------------------------------------------------------


< `∀´> 「賠償金をよこすニダ」

(  ´∀`) 「賠償…?私達、おたくと戦争した記憶は無いんですが…」

< `∀´> 「何を言うニダ戦勝国ニダ!」

(  ´∀`) 「…それ以前に、賠償となると、半島にある日本の資産を回収させてもらう必要があるんですが…」

< `∀´> 「…どっちが得をするニダ?」

(  ´∀`) 「そちらが要求する補償額より、日本が韓国に置いてきた資産の方が額が大きいので、日本が得をしますね」

< `∀´> 「まっ待つニダ!それは困るニダ!どうすればいいニダ?」

(  ´∀`) 「(勝手なことばかり…) 賠償という名称は使わずに、経済協力、という形にしてもらえれば結構です」

< `∀´> 「…やむをえないニダ。了解ニダ」

(  ´∀`) 「その代わり、これで最終的な解決ですよ?お互いの請求権の放棄を条文に明記しますよ?」

< `∀´> 「(む…これ以上たかれないニダか…) 仕方ないニダ。その代わり半島の日本資産はウリの物ニダよ?」

(  ´∀`) 「はい。それで結構です。支払方法はどうしますか?日本としては直接補償の形をとりたいのですが」

< `∀´> 「駄目ニダ。国民への補償は国内問題ニダ。ウリから国民に渡すからウリに払うニダ。もちろん一括ニダよ?」

(  ´∀`) 「(大丈夫か…?でも請求権は消滅するし…) …わかりました。ではこれで補償の問題は終わりですね」

< `∀´> 「ご苦労だったニダ」

スポンサーサイト
  1. 2005/01/20(木) 17:40:18|
  2. 歴史問題|
  3. コメント:0|
  4. ランキングにご協力を
<<賠償金を求める資格の無い韓国人は、お金をもうらう理由すらなかった!! | ホーム | 乞食国家韓国のネチズンは、なんとかして日本から金を巻き上げようと必死になっているが、お前ら朝鮮人と仲良くしたいなんて思ってないのであしからず。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トンチャモン

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Archives

Category

Links

Search

サイト運営してみませんか? レンタルサーバーならここ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。