We Love Korea !

We Love Korea ! 韓流から歴史問題まで、韓国に関する情報を まとめて発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. ランキングにご協力を

サムスンはこれまで先に開発された商品を迅速に模倣し、技術を習得した後、迅速かつ思い切った投資で勝負するという戦略を繰り広げて

サムスン電子、「100億ドルクラブ」加入後の課題
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/01/16/20050116000046.html

 サムスン電子が昨年、10兆7867億ウォン(103億ドル)の純利益を出し、韓国企業では初めて「純利益100億ドルクラブ」に加入した。年間の純利益が100億ドルを超える企業(2003年基準)は世界的にMCI、エクソンモービル、シティグループなど9社に過ぎない。

 それも純粋な製造業ではサムスン電子と日本のトヨタ自動車程度しかない。英国のエコノミスト誌も昨日、「サムスン電子が世界市場でマーケティングの奇跡を起こした」と評価した。

 サムスン電子の成功には幾つかの理由がある。まず、世界市場の動向を真っ先に予測し、それを土台に最高経営陣が迅速に意思決定を下し、それに伴った集中的な施設投資により、市場を先占できたからだ。

 国際的に優秀な人材を引き入れることができる思い切った人材投資も大きな役割を果たした。サムスン電子のこのような長所は、世界の優秀企業のベンチマーキングモデルにもなっている。

 100億ドルクラブに名を連ねたサムスンの今後には課題も多い。サムスンはこれまで先に開発された商品を迅速に模倣し、技術を習得した後、迅速かつ思い切った投資で勝負するという戦略を繰り広げてきた。サムスンに大きな収益をもたらした半導体メモリー、液晶ディスプレー(LCD)、携帯電話がすべてのそのような製品だ。

 しかしこのような戦略はいつか限界にぶつからざるを得ない。新たな消費を導き出す独創的な製品を作り、新たな市場を開拓する能力を育てなければならないということだ。

 それぞれの時代に、その時代の超一流企業は既存の市場での占有率を育てていくという方式を超え、新たな製品で新たな市場を作り出した。
 
 そのためには市場の多角化以上に研究開発と投資拠点を国際化しなければならない。サムスン電子が名実共に多国籍企業の利点を生かしていくためには、研究開発からマーケティング、経営にいたるまで、人材の国際化という裏づけが必要だ。

 もう一つの課題は、韓国的大企業のガバナンス(支配構造)の特徴である迅速な意思決定と思い切った集中投資の利点を生かすため、企業支配構造をグローバルスタンダードに合わせるべきだという世論の要求を、いかに合理的に受け入れ、折衝していくかという点だ。

 そうした意味で、サムスン電子の今後の経営権承継が株主にも同意できる透明な過程を経るのは、その第一歩と言えるだろう。


パクった技術で利益を上げるなんて
なんてセコイ会社なんでしょう。
しかも特許関連はむちゃくちゃだし。
こんな企業が世の中にあってもいいのでしょうか?
私はサムスン系(っていうか半島企業は全部)の商品は買わないようにしています
スポンサーサイト
  1. 2005/01/17(月) 17:50:41|
  2. 政治・経済|
  3. コメント:0|
  4. ランキングにご協力を
<<世界に類を見ないゴロツキ国家韓国、日本にもっと金をよこせと言うつもりなのか!! | ホーム | ★前田有一の超映画批評★>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トンチャモン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Archives

Category

Links

Search

サイト運営してみませんか? レンタルサーバーならここ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。