We Love Korea !

We Love Korea ! 韓流から歴史問題まで、韓国に関する情報を まとめて発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. コメント(-)|
  4. ランキングにご協力を

「火病」の謎に迫る

「火病」の謎に迫る
http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/genjyo06.htm
「火病」とは、朝鮮民族だけに見られる特殊な病気(精神病の一種)で、
"Hwapyung"という英語医学表記もある。
怒りを押さえすぎて起こる病気を指す「鬱(うつ)火病」の略語らしいが、
強いストレスを適切に解消できず、我慢することで胸が重苦しくなる症状を指すという。
最終的には、口から泡を吹く・絶叫・悶絶・顔面紅潮・嘔吐・七転八倒などの症状を起こす。
ここで注意しなければらならないのは、そもそも「火病」という病気は医学界で確かに認められているが、
それは朝鮮民族だけの病気というものである。
過去、朝鮮は初期新羅王朝の数年を除けば、最初から最後まで殆ど中華帝国の属国であったと言っていいだろう。
この中華帝国の「千年属国」であった時期の朝鮮の状態は、我々日本人の想像を絶するものであった。
歴史的見地に立てば明らかに朝鮮民族は発散することが出来ないストレスを千年以上に渡って蓄積したと言えるだろう。
これこそが実は「火病」の第一段階にあるストレスの蓄積に対応するものなのだ。
韓国人の生活にもその要因がある。ご存じの通り唐辛子は辛味成分「カプサイシン」を有している。
最近になってこの「カプサイシン」がどのように脳に影響を及ぼしているかが解明されている。
「カプサイシン」も多量に取ると、脳に対して痛み=ストレスを伝える役目があることが分かったのである。
唐辛子だけではなく、それまでの民族としての精神的疾患など複合要因が重なることによって、
「火病」という精神病朝鮮民族だけに限定される病気として蔓延したのである。
スポンサーサイト
  1. 2004/12/03(金) 14:57:30|
  2. 韓国人のルーツ|
  3. コメント:1|
  4. ランキングにご協力を
<<「日本に来たがってたの、大勢いたんだ」 | ホーム | 創価学会がフランスでカルト認定された本当の理由>>

コメント

自分にとって一生守り抜くのは?
自分にとって一生守り抜くのは?
廚Δ妊轡隋篌蕕辰討△欧燭い辰道
颪靴い里婆詰修Δ任?
ロリコンの生い詁擦任后?
颪靴い里婆詰修Δ任?
颪靴い里婆詰修Δ任?
  1. 2006/05/01(月) 13:10:07 |
  2. URL |
  3. 幼少期 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トンチャモン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Archives

Category

Links

Search

サイト運営してみませんか? レンタルサーバーならここ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。